Skip to main content
イベント情報

全国47都道府県の市区町村請願陳情ラリーに参加しよう

請願陳情ラリーへの参加を募集します!

2024年5,6月議会に請願、陳情書を提出する予定ですので、ぜひご参加ください。

毎年内容を変化させ、切り口を変えながら、絶えず挑んでいくという考え方で行っています。

1度2度で懲りずに、諦めずに続けて行くことこそ大切です、NPO法人と致しましても当然の如く、諸般の情勢、時代の変化を鑑み挑んで行っております。

今年に入り、全国の集団ストーカーやテクノロジー犯罪の被害者さんの多くが措置入院や保護入院されている現実を目の当たりにしました。

それを受けて、NPO法人として、集団ストーカーやテクノロジー犯罪の被害者さんへ向けて注意喚起を促し、関係各位、そして議会にも、この事を切り口に請願、陳情書を提出する予定です

組織的嫌がらせ行為集団ストーカー犯罪・テクノロジー犯罪の周知も含め都道府県、市区町村、関係各位に意見書としても提出できる内容としました。

集団ストーカーやテクノロジー犯罪の説明をすればよいと言う内容にし、提出先がどの自治体や官公庁であっても提出出来る内容にしたつもりです。

少数でも措置入院等の実害を訴え、その卑劣で卑怯な犯罪を知らせてまいりましょう!

陳情の手順

  1 下記の①陳情書および②参考資料(日本の統合失調症の世界比較)をダウンロードして印刷する

  2 お近くの市役所や県庁等に提出してください!

※ TIJの名前で請願する場合は、請願書Bをダウンロードし、自分のお名前で請願する場合は請願書Aをダウンロードして印刷して使ってください。

陳情・請願書のダウンロード

請願書に添付できる参考資料

資料2)被害者を統合失調症に見せかける手法が横行

資料3)世界的に存在する集団ストーカーマニュアル

 

資料2)集団ストーカー被害者を統合失調症に見せかける手法が横行

『統合失調症』と言う精神疾患の病名を巧みに悪用し集団ストーカーの被害を隠蔽する犯罪です。

集 団ストーカーやテクノロジー犯罪(電磁波送信によって音声が脳内で聞こえる症状がでる被害や、DEW による身体へのレーザー攻撃)の被害者は、精神病認定されて警察によって身体拘束されます(警察には精神 病者を拘束する権限がある)。

全世界的マニュアルが存在しています。警察の上層部は米国CIA、その下 部組織で反日教育を受けた在日韓国人・中国人の子孫の日本人)と関係しています。

 

【統合失調症という病気の日本と世界の現状】

先ずは、大体日本で集団ストーカー、テクノロジ一犯罪等と警察や弁護士、医師、家族、知人に訴える と誤解を受ける[統合失調症]という病気について見てみよう。

このグラフを見ますと、 先進国の中で日本の異常さがお分かり頂けると思います。
左のグラフの人口1,000人あたリ精神科病床数は1970年代から世界的には減少傾向にあるのにも関わらず、 日本国のみ増え続 け減っていません。
世界の精神科病床数の五分のーが日本にある事になります。
そして一番左のグラフの精神病院平均在院日数 は、 ダントツ日本が一番長い飛び抜けた結果になっています。
その中でイタリアに於きましては、 既に統合失調症という病名すら無い現状です。

『統合失調症』をカムフラージュにした集団ストーカーマニュアル

 

ラウニ・キルデ博士 1939年生まれ、フィンランドの内科医、国際赤十字 の最高任顧問、作家であリ2015年死亡。

ラウニ・キルデ博士の残された「集団ストーカーマニ ュアル」。ここに書かれている内容は、集団ストーカー 側が人々を虐待し拷問する為の解説書であった。

このマニュアルを読めば、全世界どこに住んでいても 同じ手法で行われている心理手法を使った虐待である事が良くわかリ ます。日本の被害者も同様の手口と被害を訴えています。

Dr. Raunl-Leena Luukanen-Kilde, former chief medical off icer, stated that U.S. intelligence agencies/military are using cell towers to implement mass, electromagnetic mind control (granting them the ability to remotely read your thoughts, unconscious, and intentions even before the individual becomes conscious to them). 

資料3)集団ストーカーマニュアル

全世界に共通した犯罪である事が理解出来る集団ストー カー犯罪マニュアルです。 政府や国際的な期間の制作に批判的な意見をする人をターゲットにして監視・虐待します。

常殺人襄行傷害強盗等の犯罪なればュアル証拠アリイ作リ、 犯罪者特定されないよに解説れるものに なるはずです。

しかし、この集団スト マニュアルは、 犯罪そのものが無くて、 本人の被害妄想や精神疾患から来る症状と見せかける為の、 手法とノウハウを明かしもの識の範疇を超えた大組織にの可能な犯罪のマュアルいう内容になっ

その統合失調症に見せかける為の、 手口の端を抜粋してみました。